おすすめの本

ちょっと前から熱心に読んでいる文庫本シリーズがあります。

澪標(みおつくし)料理シリーズで、もう出てから4冊目なんだけど
読んだ後は、心がほっとあったまるいい本です。

人の裏を読んだり、悪いとこばっかりつい見てしまいがちな
現代の風潮ですが(そう思ってるのは私だけかもしれんが)
ちょっと心がすさんでいた時に、何の気もなく手に取って読んでみたら
「あらら?」意外に面白い。

別にサスペンスでもなく先が読めないはらはらするもんでものないけど
確実に読む人を癒してくれる内容です。

本屋でも行けばたいてい置いているくらい一応人気シリーズみたい。

舞台は昔の江戸時代。
倹しい生活で決して裕福ではない主人公が水害で両親をなくしてから
人のための料理を考えて、周りの人たちとの関係を通して精進していくもので、
出てくる料理がまた、、美味しそうなのと、登場人物達の思いやりや優しさに
癒されます。相手にわかるようにするだけが思いやりではなくて、見えないとこで
相手のために何かをするっていう姿勢がすごい。

私は料理系の小説が好きなので(特に空腹のとき)会社帰りの電車で
見るのが楽しみです。より一層おなか空くんだけど(汗)

本屋で見かけたらみてみてくださいまし。

http://www.amazon.co.jp/%E5%85%AB%E6%9C%94%E3%81%AE%E9%9B%AA%E2%80%95%E3%81%BF%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%97%E6%96%99%E7%90%86%E5%B8%96-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%9F-19-1-%E6%99%82%E4%BB%A3%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4758434034/ref=pd_sim_b_2
[PR]

by sakana3040 | 2010-11-14 15:31